ミニチュアの街角

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/6スケールの蕎麦屋のミニチュア

<<   作成日時 : 2010/11/25 15:38   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

いつもの様にうっかりとブログの更新を忘れていたら、横浜での展示会が終わってから一ヶ月近く経とうとしていました。
御来場して頂いた皆様どうもありがとうございました。
今回そば屋とヨーロッパの風景のジオラマを展示しましたが、終了してからそば屋の方は我が家へ持ち帰ってきました。

画像


会場で見るとなんて事ないんですが、狭い我が家では非常に邪魔です。
まあ折角なんで、少し細部の写真など撮ってみました。

画像


画像


画像


出前の兄ちゃんと蕎麦打ってる親父は石粉粘土で作ってます。
二人ともスキンヘッドなのは遺伝ではなく、髪の毛作るのが面倒臭かったからです。
カブは以前に製作した物ですが、荷台の岡持を載せる器具だけは新たに作りました。
元々は東京オリンピックの時に聖火を運ぶ為に考案された器具だと石坂浩二さんに教えて頂きました。
店内はあまり奥行きが取れなかったのでテーブルや座席はありません。
衝立で誤摩化してます。
お品書きとかビールのポスターとか調理師免許や賞状とか最低限の物だけ飾ってみました。
親父の脇には打ち終わった蕎麦がケースに入ってます。
あ、この部屋にはドアが無いですね。
暖簾とのぼりは紙製です。
地面の処理もあっさりしてます。
電柱は木製です。
これは裏からネジ留めしてあるので取り外せます。

画像


画像


屋根外して中を覗いたところです。
電飾はLEDではなくクリプトン球(豆電球)を使用しています。
会期中には何度か電球切れを起こすだろうと思い、予備の電球を屋根裏にストックしておいたんですが、結局は一度も切れずに終わりました。
狭い天井裏に電球を多数配置してあるので熱対策にPC用の電動ファンも取り付けましたが、これも結局作動させずに終わりました。
ちなみに屋根瓦はスタイロフォーム製です。

画像


そういえば会場には遠路遥々お越し頂いた方々もいらっしゃった様で。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変らず素晴らしいですね。
今回は、細部の様子まで紹介いただき、展示するにあたってのいろいろな配慮がされているということも理解できました。

人間は、その表情を出すの難しいと思うのですが、とてもリアルですね。

そば打ち場にも、さりげなく賞状が掲げられていて、芸が細かすぎます(笑)
本当に素晴らしいです!
Fuji-fan
2010/11/28 11:37
Fuji-fanさんこんにちは。
あまり内部は見せたくなかったんですが、ネタが無くて . . . 。
最近こういった構造体作る時にはMDF多用してます。
木の合板なんかに比べると切るのも楽だし仕上げも楽だし軽いし反りも少ないし。
ただ釘やネジが効き辛いのは難点ですね。後は経年変化でどうなるかが気になるところです。
実は1/6くらい大きなスケールになると1/43なんかと比べて存在感というかリアル感が自然に生まれてきます。
小物類や細部もあまり作り込み過ぎずに最低限の手数で(手を抜いて!?)仕上げる様に心掛けています(笑)
あと人形作りはやっぱり才能無いですね。
まあ少しずつでも修行は続けて行こうと思っています。
tomoyas
2010/11/28 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/6スケールの蕎麦屋のミニチュア ミニチュアの街角/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる