ミニチュアの街角

アクセスカウンタ

zoom RSS 半立体のミニチュア

<<   作成日時 : 2010/03/04 16:25   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

毎年お世話になってる北海道の宿をミニチュアにしてみました。
今回は額装する事を前提に半立体で製作しました。
画像

額の大きさは縦25cm、横20cm、奥行き6cmです。
半立体に加えて遠近法によるパース(遠くなるに連れて小さくなる)も付けてあります。
建物の部分の製作途中の写真です。
画像

正面から見ると奥行き有る様に見えますが、
画像

画像

横から見ると御覧の通りかなり薄ぺったいです。
建物部分の厚みは階段も含めておおよそ30mm位です。

こちらが本物の建物の写真です。
画像

林の中に佇むとても素敵な宿です。
なんと宿のオーナー自身の手で設計されています。
土地の高低差も有り、ミニチュアにしても見栄えする建物です。
ミニチュアの方は一見するとこの写真のまま製作した様に見えますが、実際には写真等から建物の図面を起こし、それを元にあらためてパースを描きました。
写真だと歪みが有るのと、もう少し視点を高くしたかったので図面描いたんですが、結果としては写真そのままでも良かったかな? と思います。
しかもミニチュアの方は横が少し寸詰まりだし。
画像


もう一件はやはり北海道の知人の自宅です。
昨秋に落成したばかりなので新築祝いとして作りました。
半立体ではなく建物の一部を切り取った形です。
画像

画像


シャッターが変形したり家が傾いていたりするのは実際にご主人がクルマをぶつけてしまった為です。
(少しだけ誇張してありますけど)。
こちらの建物も前出の宿のオーナーの設計です。
濃いめのグリーンに塗られた木地と窓枠のオレンジのコントラストも素敵な建物です.
ミニチュアの方は折角なのでタッチ変えてみました。
パース(遠近法)は付けていません。
大きさは縦20cm、横18cm、奥行きはベースの丸い出っ張りの部分で6cmです。
人形は樹脂粘土で作ってあります。
コミカルな雰囲気なので、建物には汚し塗装はしてありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、gegeと申します。そこそこのおっさんです(笑)
度々拝見させて頂いておりますが、コメントさせて頂くのは初めてです。
何度か書き込ませて頂こうと思ってはいたのですが・・・  どうも気恥ずかしさが先立って・・・

いやー、凄いですね!素晴らしいの一言です!
どの作品を拝見しても感動の嵐です。
なんとも臨場感溢れる作品ばかりです。
私は塗るのが専門なんですが、いつもこんな風に作れたら、塗れたらと思いながら見ております。

またコメントさせて頂くかもしれませんが、よろしいでしょうか。

いやー、本当に素晴らしいです。
では、失礼します。
gege
2010/03/11 20:23
gege様
はじめまして。
御覧頂きありがとうございます。
私もそこそこのおっさんです(汗)。
塗装は(製作もですが)難しいですよねえ、自分でも悩む事ばかりです.
以前は汚し塗装した作品が多かったんですが、ここ最近は奇麗な仕上げの物が続いています。
汚し塗装だと誤魔化せてた(←大事)部分が奇麗に仕上げようとすると結構厄介だったりします。
塗料もあまりにも種類が有り過ぎて何を使えばいいのやら?
大抵はリキテックスとかアクリル絵の具使ってるんですが、新しい物を見つけるとつい使ってみたくなります.
新しい道具とか材料とか試してみて失敗するのも楽しいと思ってます.
これからも少しずつ製作して行きますのでまた遊びに来て下さい.
tomoyas
2010/03/11 21:43
tomoyas様

全く持って同感です。
汚した方が雰囲気は出しやすいですよね。
スケールダウンした物はそれだけで嘘の世界ですから、
そこにリアリティーを持たせるのは用意ではないと思っています。
特にtomoyasさんがおっしゃるように綺麗に仕上げようとすると、どうしてもオモチャっぽくなったりしますよね。私の場合、まだまだ修行が足りないせいかもしれませんが・・・
塗料に関しても私も実験が好きなので色々試したりしますが、なかなか難しい部分があります。
色って塗り重ねる順序を変えても違ったものになりますし、奥が深くて大変楽しいです。
沢山聞きたいことはあるのですが、長くなりますのでこの辺で失礼しますが、また覗かせてもらいに来ます。
コメント読んで頂きありがとうございます。

gege
2010/03/13 16:19
gege様こんばんは。
私の塗装は大抵はかなり薄く重ね塗りしてます。
下の色が透けて見える様に何層も塗り重ねた方が奥行き感の様なものも出ますしリアルに見えると思います。
筆塗りでのムラもむしろタッチと言うか味として生きて来ます。
チューブや瓶から出した塗料をそのまま厚塗りしてしまうと、どんなに奇麗に仕上げてもgege様の言う通りオモチャっぽくなってしまいますね。
下地の塗料が乾かないうちに塗り重ねて滲ませたりする事も多いです。
塗った順番なんてのも忘れてしまってますし、もうこうなって来ると半分は偶然に出来た色だったりします。
適当にやってると、あれ?いい感じじゃない?って思ったりする事がありませんか?
私はそこであっさりと納得してしまいます . . . 。
人に厳しく自分に優しくです。
以前の自分の作品と同じ色にしようと思っても二度と再現出来ないなんて事もしょっちゅうです。
それに色は見る場所の照明次第で全く違って見えたりしますよね。
だからその物の色よりもむしろ周りとのバランス、コントラストの方を大事にしてます。(←言い訳)
行き当たりばったり(出たとこ勝負?)って言うのもミニチュアには必要ですよね?

tomoyas
2010/03/13 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
半立体のミニチュア ミニチュアの街角/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる